産業の「注意事項 & エネルギー"

補助金とエネルギー安全保障

Erkata Yandri

Erkata Yandri

最終的に, 政府が燃料価格を上げる勇気を示した. 私たちは皆、知っていた, これは間違った勢いで不人気決断だった. 単に理由; 国家予算に栄養を与える. 政府は、より深刻な、より根本的にオイルに関連する何かをしていない場合, 助成燃料の消費 2013 増加すると予測されている, より多い 50 億キロリットル (午後).

事実が明らかである, 補助金燃料の消費量は年々増加している. 1年間 2012, 燃料補助金はRp.274に達した, 7 1兆, 消費された 45.27 燃料の万kl. もし原油価格とドルの為替レートの変動, 通常、この国のすべての関係者がパニックになる.

実際に, 政府は長い間、様々な当事者が警告している. 燃料補助金の消費量を制御する上での困難は、補助金そのものです. 断固とした行動なしの対照が不足しているため, 人々がより合理的な原因. “安い1がある場合、なぜ私は、より高価なオイルを購入する必要があります?”

実際には, 約 70-80% の補助金燃料は車の排気を通して浪費される, 金持ちが所有されている. 残りは貧しいが享受しているが. 無駄な動作が低い燃料価格によって引き起こされる. 変更されていない場合、, この国は常に将来の原油価格の不確実性によって嘲笑されます.

質問です, 私たちはエネルギーの安全になるように、この不確実性から上昇することができます?

見当違いのマインドセット

国家のエネルギー安全保障のために, インドネシアは、実際には、適切なエネルギー政策を処方するのにスマート人々と理想主義者の不足ではない. 残念ながら, この国はまた、3つの見当違いの考え方によって損なわれています.

最初, 先の大統領選挙の人気を高めるために公的資金を使って見当違いの考え方. すべての当事者は慎重であったが、, しかし、それらのすべては、人々から良い評価を取得したい. 最終的に, 直接社会扶助 (BLSM) ソリューションとして. 非常に明確な, BLSMは、エネルギー問題の根本的な解決策ではない. 燃料補助金になっています “商品, 嘲笑とジョーク”.

見当違いの考え方は維持されている場合は, 世界の終わりまで、, 主要なエネルギー問題が解決されることを期待していない. 我々はこのような状況を認識している?

第2, インドネシアは石油が豊富であることを前提として誤った考え方. こうして, 油はすべての当事者により、低価格で消費されるべき. 必要に応じて, 仕上げまで、無償. 実際には, 原油価格も同様にまだ高価だと思う人もいる. だから、経済的な価格を改ざんすることが望まれている.

その後, 前提もあり、自然資源としてオイル, 簡単に世界市場で購入. 明らかに, 我々は、高価格で石油を輸入することができるように強力な経済にとても自信を持っている. 論理的に, 世界の石油埋蔵量は減少している, 消費量が増加している間. ていない多くの人が認識していることをインドネシアの石油収支の赤字から 2002, そのように石油の純輸入国となった. ブリティッシュ·ペトロリアムでのデータによると 2012, インドネシアの石油埋蔵量は十分なだけのために推定された 12 年, 世界のためにしばらく 54 年.

第3, 金持ちの人が自分の車あればあることを前提として誤った考え方. 政府は、ダム政策でこれをサポートしています, 安い車のような. もちろん, それは代替エネルギーの開発の精神とエネルギー多様化に反する.

さらに, 政府は、公共交通機関の開発に誇りに成果を持っていない. 見て, 非常に不快と危険な公共交通機関の条件. だから、驚くべきことではありません、車両の所有権が急激に上昇. で 2011, 自動車販売に到達 894,164 ユニットとに上昇した 923 132 単位で 2012. これは、推定され, で 2013 浸透する 1.1 100万台. さらに, 低コストの自動車市場では非常に有利である. それは、この問題に非常に恵まれたが誰であるかは明らかだ.

私たちは、見当違いの考え方の影響を実現するか, これはいつでも原油価格の変動に対して非常に脆弱である?

不真面目なアクション

しかしながら, 我々はまた、正直に認めなければならない, 実際にされており、エネルギー消費量や補助金の削減の観点から政府が取られていることがいくつかあります.

例えば, エネルギー節約プログラム. 政府は、3回のプログラムを促進有する, そのような第10号/ 2005年の大統領命令を発行するなど, 大統領命令第2番/ 2008, 大統領命令第13号/ 2011. 残念ながら, これらの三つのプログラムは、まだ明らかな結果と限られた範囲内に実装されている. たぶん, 政府は全国的にプログラムをしていないと確信している理由です.

加えて, ガス変換プログラムへの燃料もある. 残念ながら, 今まで技術的な実装はまだ明らかではない. 明らかに, 我々はまだ溶融デッドロックの調整を待つ必要がされている. また, の非存在の要因 “ロールモデル” 非常に影響力のある. 例を与えるためにあえてない国の数字はありません. 代わりに, 彼らは、高級車の所有で競合している, 明らかに、エネルギーの無駄なものである. これは、ガス変換プログラムを促進する上で彼らの無知の証拠である. 最終的に, 我々はすべての論争に捕まってしまった “鶏と卵” または “成り行きを見守る”.

うまくいけば, 電気自動車の開発における進歩が依然として存在する, 代替エネルギーと組み合わせ. 電気自動車は、太陽電池で充電電池で駆動することができます. 加えて, 電気自動車は、燃料電池と水素によって駆動することができる, また、太陽電池からの電気によって製造することができる. ただ概算, 太陽電池の一平方メートルの電力を生成することができ 100 ワット.

今日, 家庭用電気はまだPLNから供給され, 油の燃焼から生成された, ガス, と石炭. 将来の可能性, すべての家は、車両自体のために太陽電池を搭載している. これは経済的潜在力である, そのような太陽電池の工業化の雇用など, また、外国為替を保存するには.

エネルギー自立へのこだわり

覚えておく, 補助金の削減や燃料価格の上昇, 問題が解決しない. 代わりに, 高い政治的、経済的コストが支払うべき. この場合, 私たちは、根本的な解決策が必要. 政府は一貫して、予算に栄養を与える場合, 政府はまた、非効率性のプロジェクトを避ける必要があります, 汚職の源の一つ. 予算の透明性のためにインドネシアのフォーラム (FITRA) 漏れ予算を連想させる 2013 到達した 30% 前方に 2014 大統領選挙.

加えて, 補助金は、人々の利益のために割り当てられなければならない, そのようなインフラ整備など, 教育や保健. その後, 政府はまた、省エネルギーのプログラムに着手する必要があります, エネルギー変換, 再生可能エネルギー. 成功する, 官僚と国会における国民の数字は日々の活動におけるエネルギーのロールモデルであることのコミットメントを実証する必要があります.

私たちは、あまりにも早くあきらめてはならない, 石油生産の傾向が減少を続けているにもかかわらず, 消費量は上昇し続けている間. それについて考えてみよう! つまり、将来の世代に公正ではない, 我々は油を吸う場合は、. 努力と連帯を持つ, 我々は石油生産と消費のバランスをとることができることは不可能ではない. 現在まで, インドネシアの燃料消費量は、 1.3 一日あたり万バレル (BPD), 原油生産があった 900 千BPD. すなわち, 400 BPDは、変換と保全プログラムからでなければなりません.

そう, 私たちが今やるべきことは見当違いの考え方を排除することである. 私たちが非難されるためにも意味がありません, 資本主義や新自由主義のスレーブが誰である. エネルギー安全保障は、強大な突破口で達成されなければならない, 私たちは生き残るためには、貧困を回避することができます.

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされている *