産業の「注意事項 & エネルギー"

再生可能かつ効率的にエネルギーの確保

Erkata Yandri

Erkata Yandri

エネルギー安全保障上の問題はの終わりに突き出ました 2015, 政府は再生可能エネルギーを開発するためのエネルギー安全保障基金のアイデアを発表した後、. それはすぐに様々な関係者が反対しました, 今日まで、まだ起動しないで得​​られました. 私たちのエネルギー安全保障との問題は何でしょう?

何が行われています?

エネルギー安全保障は、将来の一定期間内の経済成長と人口増加を確保するために、エネルギーの可用性を確保する方法です. 意味, 化石エネルギーへの依存度は次の2つに減少させるべきです, 再生可能エネルギーを利用して、すなわちエネルギーの多様化 (RE) 省エネルギーやエネルギー効率 (、IN) 質問, どの程度REおよびEEに政府によって行われてきました?

REのための, このような水力など, 地熱の, バイオ燃料, バイオガス, 太陽, 等, 実際には、いくつかの規制が将来のエネルギーを確保するためにエネルギーに政府によって発行されています. 最初に, 政府は、大統領令なしを発行しました.05/2006 による最終エネルギーミックスに 2025, 再生可能エネルギーの割合によって、 17%, その後、新エネルギーと再生可能エネルギーの利用のための身体活動の実施に関するPermen ESDM第10号/ 2012, 地熱事業活動の実施のためのガイドラインに関するPermen ESDM 18号/ 2012, PLNによる地熱発電所のための水力と地熱蒸気から電気の購入にPermen ESDM第17号/ 2014, 最後にPermen ESDM第19号/ 2015年までの容量を持つ水力発電所からPLNによる電気エネルギーの購入 10 MW. すべては、開発者にアピールしやすさや関税優遇措置と再生可能エネルギーの利用を促進することです, 政府のため電力供給の保証を与えます.

結果として, からのステータスを共有するRE 2006 へ 2013 大きな変化はなかったです, まだ 3%. すなわち, 後の 7 年, 以前に発行されたエネルギー政策の結果としての基本的な変更はありません. 最終的に, で 2014, 政府は新国家エネルギー政策を発行して修正を行って, 大統領令第29号/ 2014, これは特にの再生可能エネルギーの目標を修正します 31% で 2050. 大きな希望はREします.

EEのための, 政府は当初、省エネルギーに大統領令No.70 / 2009を発行しました, 政府機関を奨励します, そして、国営企業は、エネルギー効率と省エネを実現します. これを行うことができる場合, エネルギー自立の目標は、より容易に制御されます. 残念ながら, 規制は、一般的に無駄なエネルギーに対処するため、低速実装と有意な利点で正しく動作しません。.

実際には, 政府はより多くのエネルギーを使用するエネルギーのユーザーにインセンティブを与えられたかに等しいました 6,000 年間石油換算トン, 同様に成功した国の省エネ機器メーカーに一定の周期で省エネを実現します. ユーザーのためのインセンティブがあります; エネルギー効率の良い家電製品の税施設; 付与削減, エネルギー効率の高い機器の救済と地方税の免除; エネルギー効率の高い機器の輸入関税施設; 省エネに投資する低金利; および/またはエネルギー監査パートナーシップは、政府によって資金を供給します. 残念ながら, インセンティブは、加害者に直接権限を与えることで、効果的な理由のないメカニズムであります.

EEプログラムをサポートするために、, 政府はその後、いくつかのサポートポリシーを発行しました, といった; 燃料油の使用を制御する上Permen ESDM第12号/ 2012 (更新ESDMはありません.01/2013), 電力の効率的な使用上のPermen ESDM第13号/ 2012. 加えて, 新・再生可能エネルギーの総局 (EBTKE) on 2014 エネルギー効率の高い建物のためのエネルギーの節約を受賞しました, 業界と建設中のエネルギー管理, そして、中央政府と地方政府のエネルギーと水の節約.

障壁 & 実行するアクション

REのための, 直面している3の障壁があります. 最初, 研究開発に投資した資金の不足, だけでなく、REプロジェクト. こうして, 政府は協力や支援のスキームにより外国人の参加を引き付けます. 第二に, 焦点と優先度の欠如, 意識と緊急性の欠如に起因します. 多くの人々は、エネルギーは依然として国内の化石エネルギーから供給されるか、他の国から購入することができると信じて. 多くは、私たちのオイルがすぐに出て実行されることを理解していません 12 年, 全く成功した探査が存在しない場合. 政府は人々にこの問題を説明するために失敗しました. 第3, 非効率な官僚, より多くの時間とお金を費やし, このように、特定の当事者によって利用機会を与え. これは非常に投機的かつハイリスクになります.

REのために提供される多くの規制やインセンティブがありました. 今, すべては、政府が地方政府や関係者を後押しする方法によって異なります, RE産業とサービスのビジネス開発と地域経済の成長を促進するために、既存のRE電位を利用します. こうして, 政府はまた、政府の建物のREの可能性を利用する方法をロールに必要, このような太陽光発電や小型風力タービンなど. さらに, REの進行は、自治体の中心によって評価指標として用いることができます, このような国家予算を割り当てるなど.

EEについて, 予期しなければならない2つの障害があります. 最初, なぜなら補助金の安いエネルギー価格, EEはあまり魅力的になるように、. 産業の数が多いです, インドネシアにおけるエネルギー効率の機会が非常に大きく、同様に高電位貯蓄を与えています. これは、フォローアップを行うには、関連する政府機関の能力の欠如によって悪化します, 監査, 教育および相談.

そう, EEプロセスは、貯蓄目標に挑戦することなく、最適ではなかったです. 第二に, 有能な人材の不足, 特に業界で, 体系的エネルギー管理と省エネプロジェクトを実施します, / 2012 Permen ESDM 14号に記載されているように. トップマネジメントやビジネスの所有者がエネルギービジョンを持っていない場合、それは悪くなります. 彼らは可能性と実行を探索することができるはずです. 省エネプログラム, 特に大企業で, タイトな連携と技術力を必要とします. そうでない場合, 焦点は、簡単かつ迅速な活動になります, 照明など, ちなみにバラストランプ用のエネルギー効率のラベリングにPermen ESDM 18号/ 2014によって支援されています.

一般に, エネルギー廃棄物は、人間と技術的な要因によって引き起こされます. 従って, エネルギー効率は、側管理を要求することを強調すべきです. そのために, 政府によって行われなければならない5つのことがあります.

最初, 政府は徐々に燃料や電気の補助金を取り消すか、減らす必要があります, あるいは単に特定の者に補助金を提供. 最高のオイル消費量の増加率として輸送 6.92%, の自動車の成長によって駆動 4.3% 1年当たり, 唯一の道を拡張することによって予想することはできません, しかし、破壊的な情報技術によって可能性があります, 自宅で作業するための移動性を低減するために.

第二に, エネルギー使用量を追跡するために、技術的なガイドラインとモニタリングと評価システムを実施. 必要に応じて, 国家エネルギー節約の達成は、政府のウェブサイト上でリアルタイムに通知され.

第3, 省エネの技術や経営スキルを持つ人材を育成していき, 以前/ 2015 Permen ESDM 41番で政府が予想されていました. 実際に, 業界におけるEEプログラムは、ちょうど3Rの概念にまっすぐ進む行うことができます (減らします, 再利用, リサイクル), 廃熱の再利用, プロセス工学, など. これらは、技術だけを買うために投資を必要としません, しかし、人的資源の重要な専門知識.

第4, エネルギーの節約にビジョンとアクションを提供することにより、文化などの省エネ行動を作成, 大統領レベルから人へ. ここに, 政府は、エネルギー効率の高い建物を設計する方法と、政府のオフィスでエネルギーを節約する方法.

第5, エネルギー効率の高い機器や機械の範囲及び技術的品質を拡大, Permen ESDMのエアコン用などはありません.07/2015, 従って、住宅および商業部門における電力消費を低減することができます. 建築家は、エネルギー効率の高い建物の設計に貢献した場合の節約はさらに大きくなります, さらに、エネルギー効率の高い建築材料技術でサポートされています.

そう, 政府によって行われたすべての規則, 強い政治的意志と人の関与がない場合は動作しません。. それを行うには, 政府は、両方のREのためのエネルギー安全保障の明確なビジョンをレイアウトする必要があります & 、IN, そして現実的なアクションと実行, その後、追跡し、測定可能な指標を持つ人々に成果を報告. 私たちのそれぞれの役割に基づいて、エネルギー安全保障を達成しましょう.

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされている *