産業の「注意事項 & エネルギー"

炭素排出削減のインドネシアのコミットメント

Erkata Yandri

Erkata Yandri

私が作ったノート, ユドヨノ大統領は、ピッツバーグでのG20サミットに出席したとき, 米国9月 21 へ 22, 2009. 本質的には, どんな合意されている, 真剣に注意する必要があります, 例外なくインドネシアを含む. 社長が変更されましたが, しかしいくつかの部分は、まだ現在の状況に関連している. ハッピー読書.

————————————

会において “G20サミット,” ピッツバーグで開催された, 米国から 24-25 9月 2009, インドネシア共和国大統領, スシロ·バンバン·ユドヨノ (SBY) インドネシアは、炭素排出削減目標を設定していた最初の国だった演説を行った, 両方の短期的な目標, 中期目標, ならびに長期目標 2020-2050. SBYの演説は表し 20 の 77 サミットで存在し、発展途上国. より多くの国にSBY音声からクレームの多くを期待している国際NGOの数は、真剣に地球規模の気候変動問題を扱っている.

その後, 会議で “気候変動協議” の日からバンコクで開催 28 9月に 9 10月 2009, インドネシアは再びによりその炭素排出削減目標を確認した 26% 年度まで 2020. 声明インドネシアにも積極的にも会議に出席し、他の国の多くの代表団をによって応答されている (コンパス, 10月 5, 2009).

インドネシアの人々は世界の感謝の誇りに思うべき. なぜ? フォーラムでの大胆な取り組みは、世界最大の汚染の国からのものである場合, それがあるべきので感謝は間違いなく平凡である. しかしながら, フォワードはインドネシアであるため、, 感謝の値は、臨時でなければなりません. コミットメントなし, 世界の一次エネルギー消費の成長率を保持するために多くを期待していないの百分の四十五増加した 20062030 (IEA, 2008). 結果として, 地球の平均気温が3℃上昇します, と気候変動の危険性は、世界の海を脅かす. 鑑賞には理由がある.

このコミットメントから送信される2つの信号があります。.

第一は、中国やインドのデュオから陽性反応するための信号である (Chindia) として “経済大国” 真剣に気候変動の課題について考えるアジア新興で. 化石燃料消費量から、 2006, 2カ国から世界の炭素排出量の寄与が到達している数二十から六パーセント. 一人で中国にはあまり四半期よりインドながらパーセント二十から一を持って, またはわずか5%に達した. インドネシアとの比較をしてみてください, 世界の総炭素排出量の一パーセント未満のみ以下である. 中国とインドは魅了され、より深刻なコミットメントを前方に移動する場合, その後世界の炭素排出量の達成への影響​​がはるかに感じられるだろう.

第二は、より積極的に再生可能なエネルギー源があるの開発や利用にインドネシアを支援するために、再生可能エネルギーの技術をマスターしている先進国からの深刻な反応を見るための信号である. 炭素排出量の削減に貢献することに加えて、再生可能エネルギーの開発にも石油インドネシアでのエネルギー依存性の還元時に影響がで石油輸入国にインドネシアの外貨以来十分に増加することが予想される 2004.

加えて, 再生可能エネルギー部門の産業化開発の効果は、雇用機会の利用可能性を増加させる可能性が高い. 目標を実現するための戦略, もちろん, それは今行われなければならないこれらの約束を実現する方法です. で 2006, 化石エネルギーからの一次エネルギー総消費量は数九五%のままである, 年度までの目標しばらく 2025 大統領令なしに定める. 5 で 2006 八十五%です.

これは、年間の減少あたり少なくとも半分パーセントが存在しなければならないことを意味. これは、化石エネルギーの消費が非常に約15パーセント年の再生可能エネルギーの成長にマッチしたにもかかわらず、年間約8%成長していきますので、この目標を達成するの​​は困難であろうと推定されている (PEUI, 2006). しかしながら, インドネシアでは、これらのコミットメントを満たす場合には絶対に深刻で自信を恐れる必要はありません.

深刻さは、2つだけのために適切な政策の支援にどのように強く政府によって見ることができます, すなわちエネルギー効率と再生可能エネルギー. これら二つの部門が全体の一次エネルギーの劣らず八十一パーセント未満を消費するので、エネルギー効率は、産業、運輸部門に焦点を当てている. それは、より多くの政府の注目を集めるための時間とエネルギーの使用において、より効率的な産業の育成である. 政府はまた、エネルギー消費の無駄な産業の成長が、小規模および大規模な環境破壊への経済への影響を軽減するためにあえてする必要があり.

再生可能エネルギーについては、, 政府は再生可能エネルギーの利用をサポートする規則を作成する必要があります, ローカル再生可能エネルギー源の利用を増加させる, 再生可能エネルギーの開発のための明確な資金調達メカニズム, 再生可能エネルギーの技術移転を奨励, 再生可能エネルギーに関連した産業の成長をサポート, と経済価格に基づいて化石エネルギーの価格を設定.

他の国の賛美と賞賛は、インドネシアとSBY今後5年間によって漂流リーダーシップが将来の国家エネルギー戦略を決定する際に強力な足場を提供することはありません可能性.

うまくいけば、そうではありません “ブルーコミットメント”.

返信を残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされている *